Yahoo!プロモーション広告の事例 | オーバーチュアでアクセスを集める方法

Yahoo!プロモーション広告の事例

Yahoo!プロモーション広告の活用事例を課題と特徴、改善点とともに見てみましょう。様々な企業がYahoo!プロモーション広告を活用していくなかで、抱える課題を克服しています。ぜひ参考にしてみてください。


最初は、専門学校などの学習系です。課題はサイトに来訪してくれる人を増やしたいということでした。Yahoo!プロモーション広告を利用した結果、アクセス数を6割増加させることに成功しました。ここではターゲティング機能を使い、集客を行っています。


2つ目はサービス業です。課題は購入や予約、資料請求や問い合わせ件数を増やすことでした。同じくターゲティング機能を使ったところ、ホームページからの売り上げが15倍も増えたということです。


3つ目もサービス業です。課題は効率よく集客し、なおかつ広告費を抑えることでした。低コストで集客できる様、Yahoo!ディスプレイアドネットワークを導入し、他社広告と比較して3分の1から4分の1のコストでの集客を実現しました。


ほかにも想定CPAを4割削減することに成功した事例、広告効果が高まりインターネット通販前年比140%を達成した事例、費用対効果が紙広告の8倍になったケース、新規顧客の5割をインターネットから獲得したケースなど、Yahoo!プロモーション広告の活用事例、成功事例はたくさんあります。


これ以外にも、広告文を工夫し、前月の10倍の売上があがったという声、インターネット直販の起爆剤になったなど、yahoo!プロモーション広告は小さな個人経営のお店から大企業まで、数多くの会社が利用し、成果を出しています。


広告の掲載をコントロールして、ターゲティング機能などを上手く活用し、効率の良い集客と低コストでの売上増を目指していきましょう。