Yahoo!プロモーションの注意点 | オーバーチュアでアクセスを集める方法

Yahoo!プロモーションの注意点

Yahoo!プロモーション広告はとても便利ではありますが、作るだけで意味のないような広告もあります。


Yahoo!プロモーション広告はまず、有料サービスになります。ですので、いい加減な広告を作ってしまっても、無駄にお金がかかってしまいかねません。少なくとも自分が掲載する広告に、きちんと理由を持ってクリックしてくれる、そんな広告を作るようにしましょう。


まず、Yahoo!プロモーション広告には、広告掲載ガイドラインがあります。登録したキーワードや広告、ウェブサイトには所定の審査がありますので、これをパスしないと、広告掲載がされません。使用不可能な記号や文字というものもあります。審査に引っかかってしまうような内容の広告ですと、掲載自体がされないので、これについては注意が必要です。


魅力的なキーワードづくりにも注意をするべきでしょう。自分が伝えたい情報を詰め込むあまり、長すぎるキーワードにしては、検索する側もなかなかクリックしてくれません。広告のワードに詰め込めば詰め込むほど、検索する側は読んでくれないものです。


また、広告がリンクするページについても注意が必要です。リンクURLから飛ぶことができるページをランディングページと呼びますが、そのリンク先のページが、きちんと広告文の内容に一致しているページでないと、せっかくのお客様は他のサイトへといってしまいかねません。広告を作る際には、作成した広告が最後まで効果を発揮できるように、リンク先URLもしっかりと吟味するようにしましょう。