検索クエリを活用して広告を分析 | オーバーチュアでアクセスを集める方法

検索クエリを活用して広告を分析

検索クエリとは、広告のクリック数などを分析していく上で、見逃すことが出来ない複合キーワードです。


Yahoo!プロモーション広告などをはじめとして、その広告をただただ貼っていけばよいというものではなく、きちんとその広告が生きた広告であるかどうかを分析する必要もあります。広告がどのような人に、どれだけ見られている、そしてクリックされているのかということを、きちんと分析する必要があります。それが、検索クエリと呼ばれる機能です。


検索クエリは、例えばYahoo!や他の検索サイトの利用者が、どのような語句で検索をしたのか、そしてその検索に対して表示がされる広告に対して、どのくらいクリックをしているのか。さらには、検索クエリが、検索キーワードとして、また、対象外キーワードとして、利用者のアカウントに登録されているかどうかということをひと目で確認できます。


検索クエリと呼ばれる言葉が、キーワードとは違う点には、検索クエリという言葉は、フレーズであるということです。クエリという言葉が、質問を意味する単語であるということから、検索条件などをつかって、データベースに対しての要求を文字列にしたものがクエリになります。


例をあげますと、広告主側がウォーターサーバー 比較といったようにキーワードを設定していると、ウォーターサーバー 比較 オススメというフレーズで検索をすると、検索クエリと、キーワードが部分一致することになります。


検索クエリ機能を使いこなすことによって、こうした、利用者が、何を検索で求めているのか、ということまで分析できるのです。