ビッグキーワードで広告を分析 | オーバーチュアでアクセスを集める方法

ビッグキーワードで広告を分析

ビッグキーワードは、皆が検索をする、有名なワードですが、これを元にクリック数の分析を行います。


ビッグキーワードというものが、広告による集客で重要になってきます。ビッグキーワードが、どれだけ広告集客で貢献してくるのか、これを知っておきましょう。


まずビッグキーワードという言葉は、検索エンジンで検索数が多いキーワードの事を言います。Yahoo!プロモーション広告について検索したいのでしたら、まさに皆が一番入力する、Yahoo!プロモーション広告という言葉自体が、ビッグキーワードになります。


広告の分析は難しいというイメージがあり、どの数字を見て、どの数字をどうやって分析して、分析して改善すべきところを見ぬくという点が難しいのだと思います。本格的に広告の分析を行うとなりますと、数値の分析を綿密に行っていかなければならないので、これは広告運用初心者には難しいですね。


まずはわかりやすくするために、広告の検索クエリの分析は、ビッグキーワードで行うことが薦められます。広告がどれだけクリックされているかを、クリック数やクリック率、コンバーション数で確認をしている人が多いと思いますが、クリック数が少ないスモールキーワードで分析しても、必要なだけの数字を集めることが出来ないのです。


ビッグキーワードならば、一日に何度もクリックされていることが数字で分かりますので、広告の運用実績を分析で測るためには、ビッグキーワードを中心にチェックしていきましょう。更にスモールキーワードも併せてチェックすることで、ビッグキーワードにどのスモールキーワードを付けて皆が検索しているのかが分かります。